Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

BANDAI メカコレクションNO.18 三段空母(2)

今年の夏は、模型作りの夏になりそうです。(笑)

 

旧メカコレ三段空母の続きです。旧日本帝国海軍の空母「赤城」も甲板が三段あった時代があったみたいです。改装後の姿しか知りませんでした。

f:id:smeagol14:20150726082039j:plain

 

さて、最近のキットと違って古いキットは段差ができたり隙間ができたりするので溶きパテを塗っていきます。 

f:id:smeagol14:20150724191619j:plain

 

完全乾燥後にヤスリがけをします。ちなみに、ギターの改造とかもそうですが、私が書いたことを鵜呑みにしないほうが良いです。

f:id:smeagol14:20150724191505j:plain

 

窪んだ部分も棒ヤスリなどで削ります。

f:id:smeagol14:20150724201812j:plain

 

ヒケができている部分にもパテを持って削ります。・・・この部分は処理が甘く、後で後悔することになります。(*_*;

f:id:smeagol14:20150724222425j:plain

 

ちょっとえぐれた感じになった部分をパテを盛って整形しようとして・・・あきらめました。結局、凹んだ部分を正として、全体的に削りました。

f:id:smeagol14:20150724222456j:plain

 

一番上の甲板はモールドを消します。

f:id:smeagol14:20150724222512j:plain

 

結局、0.5ミリのプラ板を貼ることに。先端の斜めになっている部分の整形はもっとちゃんとやればよかったな~

f:id:smeagol14:20150725122145j:plain

 

ヨドバシカメラで光硬化パテなるものを見つけて買ってみました。

f:id:smeagol14:20150725113320j:plain

 

艦底の本体と甲板の間に隙間が開いている部分に使ってみました。光硬化パテは明るい場所では数十秒で硬化するのと、一度に厚く盛れないのでちょっと使うのは面倒に感じました。硬化後の硬度は問題なしなんですけどね。

f:id:smeagol14:20150725114938j:plain

 

白サフを吹いて・・・ 

f:id:smeagol14:20150725134701j:plain

 

白を吹いて・・・

f:id:smeagol14:20150725143638j:plain

 

マスキングをします。今は本当にいろいろ揃っていて便利です。今回は2ミリ幅のものを使いました。

f:id:smeagol14:20150725143709j:plain

 

甲板中央部分にしっかり貼って塗装に入ります。

f:id:smeagol14:20150725144706j:plain

 

今回、サーフェイサーも塗料もガイアノーツの製品を使っています。本体はパープルヴァイオレットを使いました。ラベンダーを使うか、白を入れて調色すればよかったです。まぁ、何事も実際やってみないとわからないということで。

 

写真は乾燥機です。これのおかげで作業が捗ります。

f:id:smeagol14:20150725152251j:plain

 

完全乾燥後、マスキングテープを剥がします。まぁ、こんなもんでしょう。

f:id:smeagol14:20150725152738j:plain

 

作業中、本体横の主砲?の砲身が1本折れてしまい、どう直すか思案してます。砲身を全部取ってピンバイスで穴を開けるのも良いかも?

f:id:smeagol14:20150725153001j:plain

 

なお、今回も秋葉原工作室さんに大変お世話になりました。家族にシンナー臭いと文句を言われることなく、心ゆくまで模型作りが堪能できています。