読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

ガレージキットに手を出す(4)

 主翼の接着まで終わったので、フロート部分を接続するための穴を開けます。 

f:id:smeagol14:20150819205221j:plain

 

やり方はギターパーツをつけるときと同じですね。ギターいじりで身についた技術が模型作りに活きて、そのまた逆も然り・・・になるかどうかはウクレレ作りのときにわかるでしょう。

 

3ミリのドリルで穴を開けて、フロート支柱?をつけます。前の方の支柱は本体との取り付け部分は四角くなっており、基準になります。 

f:id:smeagol14:20150819205320j:plain

 

台座にフロートをつけて位置決めをして、瞬間接着剤を流し込んでいきます。

f:id:smeagol14:20150819205459j:plain

 

ここはしっかり接着したいので、高強度タイプの瞬間接着剤を流し込んでは硬化させ~を繰り返しました。

f:id:smeagol14:20150821202526j:plain

 

続いて、プロペラを組み立てていきます。一応、回せますが、そのままでは取り付けもできず、ドリルの出番となりました。

f:id:smeagol14:20150821202756j:plain

 

あれこれ悩んだ結果、固定にしちゃいました。回転させるなら自作した方がよいです。

f:id:smeagol14:20150821203331j:plain

 

ここは塗装後につけます。

f:id:smeagol14:20150821203354j:plain

 

 バキュームプレスで作られたパーツが余って、どこで使うのかと思いきや・・・

f:id:smeagol14:20150821203728j:plain

 

ナイフで慎重に切り出して、

f:id:smeagol14:20150821204125j:plain

 

余分なパーツを切り飛ばして整形して、つけてみました。こちらの方が見た目は良いですね。

f:id:smeagol14:20150821204912j:plain

 

金属はそのままでは塗料が乗りにくいため、プライマーを塗ります。このプライマー、エアブラシでも吹けるようなことが書かれていますが、私のではダメでした。結局、薄~く薄~く筆で塗りました。あと、非常に臭いのでマスク必須です。

f:id:smeagol14:20150821220921j:plain

 

キャノピー以外にプライマーを塗って、やっと塗装に入れます。

f:id:smeagol14:20150821205038j:plain

 

次は同時進行のパトロクロスの進捗状況をば。