読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

【映画】魔界転生(2003)の感想 ※ネタバレあり

f:id:smeagol14:20150922224357j:plain

原作も1981年に公開された映画も有名ですね。何度か漫画化されていて今も月刊ヤングマガジンで連載されている・・・はずです。

 

2003年版は1981年版よりやや原作に近くなっていますが、ラスボスは天草四郎のままで森宗意軒は出ません。つまり、魔界転生の回数制限はありません。(原作では指の数だけしか魔界転生できません)

 

公開当時、上野の映画館でこれを観まして、前の席の人が途中から鼾をかいて寝始めたことをよく覚えています。まぁ、その程度の出来だと思います。まだゲド戦記のほうが面白いかもしれません。

 

既にネタバレしていますが、ここからネタバレ全開でいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1981年版では魔界転生した天草四郎が無念を抱いたまま死んでいった者たちを魔界転生させていきますが、2003年版はクララお品と一緒です。魔界転生するのは天草四郎とお品以外は荒木又右衛門、宮本武蔵、宝蔵院胤瞬、柳生但馬守とおひろと徳川家康。おひろは木村助九郎の孫娘です。1981年版の霧丸・・・ともちょっと違うかも。

 

原作とは異なり、健全な女体を使って魔界転生させます。転生した魔人は魔人の血がついた武器でないと倒せません。ここらへんは原作通りだと年齢制限をかけることになりそうなので良しとするとして、、、

 

最近の時代劇がダメなように、この映画もダメです。簡単に説明すると、所作がなってないんです。熊の着ぐるみを着ただけの人が熊に見えないように、歩き方も馬の乗り方も武器の扱い方もなってないからリアリティがなく、学芸会レベルになってしまってます。脚本も天草四郎が転生後10年過ぎるまで何もしていないとかツッコミ所が多いです。

 

魔人は天草四郎江戸城を十字架型に割ったり、荒木又右衛門が腕を切られても平気だったりするものの、たいして強さや凄みは感じませんでした。あと、おひろと家康を転生させたのは意味不明でしたね。転生したお品が転生の生贄になるのも謎でしたし。魔人の描写に限らず、全体的に軽いというか、迫力がないのもつまらなさを感じさせる要因だと思います。1981年版も完ぺきではないものの、欠点を補って余りあるものがあったわけですが、今作は欠点が多すぎて補えなかったといったところでしょうか。1981年版がなくても退屈に感じたでしょう。

 

あまりダメ出ししてもあれなので、良かった点も書いておくと、十兵衛役の佐藤浩市宝蔵院胤瞬役の古田新太は良かったと思います。あと、島原の乱の合戦シーンも良かったかも。

 

これを観た後に1981年版を観ると、沢田研二若山富三郎の偉大さを痛感します。次は1981年版かTed 2の感想でも書きます。