読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

【映画】魔界転生(1981)の感想 ※ネタバレあり

f:id:smeagol14:20150923162224j:plain

 

沢田研二の妖艶さ、千葉真一の男臭さ、佳那晃子の脱ぎっぷりだけで100点満点をあげたいところですが、何といっても凄いのは若山富三郎でしょう。

 

芸術の域まで達したといっても過言ではない剣さばき、殺陣を見られるだけでもこの映画は価値があります。点数はつけられません。

 

さて、ネタバレ感想いきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この映画も森宗意軒は出てこず、沢田研二演じる天草四郎は打ち首になった後、いきなり復活します。そして島原の乱で惨殺された民の無数の生首の前で信仰を捨てて徳川幕府への復讐を誓います。

 

原作では死者は転生できないのですが、設定を変えて死者でもOKになってます。天草四郎細川ガラシャを転生させ、二人で宮本武蔵、宝蔵院胤瞬、里を滅ぼされた忍者?霧丸と人数を増やして江戸へ向かいます。

 

武蔵や胤瞬を転生させる下りから江戸城が炎上するラストに至るまで、ガラシャがかなり活躍します。

 

途中、島原の乱で徳川軍を指揮した松平伊豆守に復讐したり、柳生但馬守胤瞬を倒されたけど但馬守が転生してプラマイゼロになったり、十兵衛が村正を打ってもらったり、正直、霧丸絡みの部分はいらない気がしつつ、沢田研二との有名なキスシーンは凄いと思いつつ終盤へと向かいます。(なんのこっちゃ)

 

盛大な一揆が起きるのと同じタイミングで家綱とガラシャの痴話げんかから江戸城が炎上、ガラシャが意外と見事な長刀さばきを見せる中、但馬守も城内を大暴れ。そして伝説の殺陣が。

 

セットを実際にガソリンをぶっかけて燃やす中(沢田研二は火傷を負ったらしい)、繰り広げられる但馬守と十兵衛の一騎打ちは素晴らしいの一言。殺陣をやらせたら日本一の役者とその弟子ですからね。迫力が違います。若山富三郎はあえてまばたきをしなかったそうですが、いかにCGなどの技術が進歩しても、個人が会得した技術や磨き上げた芸には及ばないものがあるなと感じました。

 

細かい部分で変な部分はあるものの、キャスティング、役者さん達の演技、脚本、演出、どれもが素晴らしく、極上のエンターテイメント作品になっています。

 

父親を「親父殿」と呼びたくなったのは私だけではないはず。(笑)