読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Ibanez S621QM-TRF

 Italia Guitars Mondialを買う前の日にこれを買ってました。

 

IbanezのS621QMです。相変わらず画像が暗くてすいません。(^^;

f:id:smeagol14:20151030094834j:plain

 

ヘッド。ポジションマークが上に寄ってます。

f:id:smeagol14:20151030094854j:plain

 

ペグはネジ止めしないタイプでした。

f:id:smeagol14:20151030094909j:plain

 

ネックはスカーフジョイント。変形しやすいとか言われますが、私は気にしません。

f:id:smeagol14:20151030094920j:plain

 

ネックジョイントはプレートを使わない方式。これだとセットネックと音が似るなんて話を聞いたことがありますが、どうなんでしょう?

f:id:smeagol14:20151030094929j:plain

 

Sシリーズの魅力はボディが薄く感じられることにあります。ボディの中央部分は普通のギターと同じ厚みなんですけど、うまく加工してあります。

f:id:smeagol14:20151030094947j:plain

 

ボディトップはキルトメイプルが貼ってあります。ハードウェアはブラックで、ピックアップはDimarzioっぽい見た目のQuantumというモデルが使われてます。

f:id:smeagol14:20151030095003j:plain

 

配線はこんな感じ。

f:id:smeagol14:20151030095526j:plain

 

 弾き心地は素晴らしいです。

 

だがしかしで、このギターは使い勝手が非常に悪いです。試奏した段階で「あれ?」と感じました。

 

原因は配線にあります。このギターにはスーパースイッチが使われていて

  1. フロントのシリーズ(直列)
  2. フロントのパラレル(並列)
  3. フロントとリアのミックス
  4. フロントとリアの内側のコイルのミックス
  5. リアのシリーズ(直列)

という感じになってます。何がまずいのかというと、2と4のときに音量がかなり落ちるんですね。

 

これは別にパラレルにするのが悪いのではなくて、ピックアップによってはパラレルにすると音量がかなり落ちるものがある、ということです。パラレルにするのが悪いとなるとコイルタップもダメなことになります。(笑)

 

というわけで、セレクターはおそらく3wayに交換すると思われます。ついでにピックアップも交換しますかね。