読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

レスポールのリフィニッシュ(2)

 最近、友川カズキさんにはまってます。そのつながりで、ちあきなおみさんが歌う「夜へ急ぐ人」の動画をYouTubeで観て・・・世の中にはとんでもない人がいるんだな~と。機会があれば友川カズキさんのライブは観てみたいですね。

 

 さて、実際に作業を始めるのはだいぶ先ですが、生地調整しやすいように外せるパーツを外し始めました。ネジがほとんどバカになってしまっていたり、ニス?が接着剤みたいになっていたりして、思っていたより大変でした。(汗)

f:id:smeagol14:20151219170056j:plain

 

他人の楽器をリペアする職人さん達は本当に大変ですし、凄いと改めて思いました。

 

このギター、パーツを付けたままニスを塗ったか何かで、各パーツの縁にこびりついてました。エスカッションの周りもこんな感じ。余計なネジ穴は後ほど埋めます。塗装を剥がす前に汚れを落とす必要がありますね。

f:id:smeagol14:20151219170115j:plain

 

ネックジョイントはこんな感じ。ネックと平行に丸棒?が入ってるんでしょうか? 不思議な作りです。

f:id:smeagol14:20151219170125j:plain

 

コントロールキャビディも底が段々畑みたいになってます。蓋が変形していて、直すか交換するかで悩んでます。

f:id:smeagol14:20151219170211j:plain

 

今回、難関になりそうなのは凹んでいる部分や導管に染み込んだニス?の除去です。

f:id:smeagol14:20151219170226j:plain

 

場所によってはかなり深く傷ついてます。バインディングを破損させないよう気をつけねば。

f:id:smeagol14:20151219170240j:plain

 

パテか何かで埋めるにしても、塗装済みの塗料は除去しないと食いつきが悪くなりますし、後で剥がれるなんてこともあります。普段の私の塗装方法はリフィニッシュにはまったく向いてませんから、いろいろ考えなきゃならんですね。

 

まずは、すでに塗られている塗料が何かを調べます。ラッカーなら剥がすのは楽なんだけどな~。

 

今回、意外と面倒だったのがワッシャの取り外しでした。結局、はんだごてで熱を加えることでやっと剥がせました。

f:id:smeagol14:20151219170134j:plain

 

黒いレスポールカスタム風に、とのことですが、ヘッドにバインディングが入っていないんですよね。

f:id:smeagol14:20151206213140j:plain

 

黒く塗るのはトップだけにして、他はダークブラウンで塗り直すのが良いような気がします。が、作業に取り掛かるのは数か月先なので、このギターはしばらく倉庫で保管します。