読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

ピックアップ交換(2)

楽器リペア・改造

 というわけ?で、ピックアップ交換の第一弾が終わりました。

 

f:id:smeagol14:20160110112127j:plain

 

かなり前にヤフオクで手に入れたBartoliniの1Cその他(型番不明)です。

 

前にも書いた(たぶん)ように、Tuck Andressが好きでして、Bartoliniのピックアップにはとても興味がありました。最初はEpiphoneのES-339かIbanezのAFJ95に載せるつもりが、エスカッションの加工が面倒で3号機に載せることになりました。

 

ちなみにTuck Andressはこんな方です。


Tuck Andress Europa

 

3号機には長らくGFSで買ったピックアップを載せていて、見た目は気に入ってました。リアのノイズが導電塗料を塗ったりしても気になって、それは別の機会にまた検証してみます。

 

BEFORE

f:id:smeagol14:20160105115421j:plain

AFTER

f:id:smeagol14:20160110112104j:plain

 

コントロールはマスターボリューム、マスタートーン、Fender TBXになってます。トーンポットはスイッチポットにしていて、今まではフロントのシリーズとパラレルの切り替えに使ってました。・・・ほとんど使わなかったのは内緒です。

 

これが

f:id:smeagol14:20160110112209j:plain

 

こんな風になります。 

f:id:smeagol14:20160110112157j:plain

 

トーンポットは今回は私にしては珍しく各ピックアップのコイルタップにしてみました。今回使ったピックアップはどちらもSNの並びになっていて、タップ時は内側のコイルが選ばれるようにしました。そうすることでミックスのときにストラトハーフトーンみたいな感じにな・・・るそうです。

 

このアイデアNaked Guitar Worksの小園さんから提案されたもので、最初は「コイルタップなんて意味ないんじゃね?」とか思ってました。(笑) 今までコイルタップができるギターを弾いてきて良いと思ったことがなかったんですよね。

 

交換後、自分で弾いたり仲間に弾いてもらって思ったのは

  • パワーは高め。
  • 音はハイ寄り。
  • 倍音がかなり豊か。
  • ピッキングハーモニクスがとても出しやすい。
  • ニュアンスも出しやすい。
  • ノイズは少ない。
  • コイルタップするとちゃんとシングルっぽい音になる。

ってなところでしょうか。

 

手持ちのギターの中で一番好きなギターになりました。今まで使ったことがあるピックアップの中では一番良いです。好みの問題はあるにせよ、もう少し人気が出てもいいんじゃないの?と思います。

 

そして余ったピックアップ。これはこれで他で使う予定。

f:id:smeagol14:20160110101457j:plain

 

次はIbanezのS621QMにDimarzioのLiquiFire + Crunch Lab・・・ではなくてDuncanのSentient + Pegasus TB(またはNazgul TB)を載せてみます。