読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

ただ、なんとなく

トピック「今の仕事を選んだ理由」

 

何だかんだでIT業界に20年くらいいます。

 

中学に入ってギターを始めて、高校に入って改造にハマって、大学には行かずにギターの製作学校に入るつもりが、親の大反対に遭って某大学の文学部へ。

 

行きたくて行ったわけじゃないから、やる気が出ず、ギター三昧な日々を送った挙句に他の大学へ編入。今は亡き祖父江孝男教授の文化人類学の授業を受けたかったのに、私が編入するタイミングで退任。orz ほとんど大学には行かずにバイト三昧に。

 

初めて自腹でパソコンを買ったのは1996年のことで、NECのPC-9821V12でした。DOS/V機を買っておけば良かったのにその機種を選んだ目的は・・・エロゲー

 

ドラゴンナイト4とか同級生2とか銀河英雄伝説4とかやりたかったんですよ。

 

買った当初はゲーム三昧だったのが、何かのタイミングであるサイトの日本語版を作るために翻訳をすることになり、いつのまにかHTMLをいじったりPerlで簡単にCGIプログラムを組むようになって、「人間なら何でもいい」が募集条件だった(社長が何度か言ってたw)某ソフトハウスに知人の紹介で入社して・・・今に至ってます。

 

「今の仕事を選んだ理由」は、”ただ、何となく”です。(笑)

 

親の跡を継いで料理人になるのは嫌だけど、手に職を持つのは良いな、とは思ってました。自分がIT業界に向いているかどうかは、いまだに自信はありません。

 

会社は経歴を偽って派遣に出すのが普通でしたし、給料も何時間残業しても手取り15万くらいで、とにかく必死でした。編入した大学を卒業する前に就職して、卒業する暇もなく時間が過ぎて結局肩書は高卒ですし、IT業界で一人前になるしかないと思って必死で働いてました。大好きだったギターもほとんど売って、10年近く楽器に触りませんでした。

 

最近のIT業界は、相変わらず多重請負とか普通にありますし、外注いじめとかパワハラとかもまだあります。ただ、過酷さはなくなりましたね。風呂に入る暇もないとか、家に帰れないなんてことはなくなってます。だがしかしで、インターネット環境がないとプログラムがまともに組めないとか、技術者のスキルはえらく下がっている印象を受けます。

 

今のIT業界で、「職人ではなく、ただのサラリーマンだろう」と言われて反駁する人がどれほどいるのでしょう。

 

大手のシステム部門は外部ベンダーに仕事を投げるのが仕事で、外部ベンダーは口座を持つ奴隷商人(笑)から技術者を集めるのが仕事で、奴隷商人にも子や孫がいて・・・結果として、発注する側や大手ベンダーの社員は職人である必要がなくなってるんですね。

 

私がIT業界に入った頃は職人気質の技術者がまだまだたくさんいました。当時は蟹工船並みだと思ってましたが、今から思えばとても恵まれていたと思います。ネットで調べてコピペして~なんてことはできませんでしたから。

 

自分では何となく選んだ仕事ではありますが、紹介してくださった方は、私の性格とかを見抜いた上で紹介したのかもしれません。もしそうなら、回り道をしているようでまっすぐに人生を歩いてきたってことになりますかね。