読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

ピックアップ交換(5)

 昨日の続きです。

 

PRS SE Custom24にDimarzio PAF Masterをつけました。 

f:id:smeagol14:20160313182429j:plain

 

公式サイトを見てのとおり、ネック側ブリッジ側で出力がえらく違います。

 

ネック側はアルニコ5で出力が193mV、ブリッジ側はアルニコ4で出力は278mV。バランスが取れるようにすると高さはこんな感じになります。 

f:id:smeagol14:20160313182452j:plain

 

ブリッジ側はこれだけ低くても高音域がきれいに出ます。正直な話、交換前の方が、特にネック側は音は好みでした。PAF Masterはシングルっぽさがあり、それはそれで悪くはないのですが・・・ これは好みの問題で、優劣ではありません。

 

公式に書いてある通り、低音域は弱めでメタルとかをやるにはあまり向いていない気がします。ピッキングハーモニクスもやや出しにくいと私は感じました。でも、ニュアンスは出しやすいです。

 

※私は指頭奏法しかできないので普通にピックで弾ける人なら問題ないかもしれません。

 

交換後のコントロールキャビティはこんな感じ。

f:id:smeagol14:20160313182609j:plain

 

今回はマホガニーボディのギターに載せてみたわけですが、アルダーやアッシュの方が合いそうな気がします。また、出力差がかなりあるので、他のピックアップと組み合わせるのもありでしょう。

 

何だかんだで、ここ最近使った中ではBartoliniが一番満足度が高いかな? ギターで使っている人はほとんど見かけませんが。