読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

ライトアッシュでテレキャスターを(2)

11連休もあっという間に過ぎていきますね。何か月か休みたい。(笑)

 

山下達郎風?テレキャスターの続きです。

 

調合したジェルカラーニスを何度か塗った後に全体を1000番のヤスリでサンディングをして、濡れたウェスで拭いてからジェルカラーニスのクリアーを何度か塗りました。

f:id:smeagol14:20160428120723j:plain

 

今まではマットな感じに仕上がることが多かったですけど、今回は割と艶が出ました。今回はトータルで10回以上は塗ってます。ステインで着色した後にサンディングをして、色付きのジェルカラーニスを塗った後にサンディングをして表面をツルツルにしてからクリアーを塗ったのが良かったのかも?

 

今後は今回のやり方を踏襲していきます。・・・昔のギターも清掃してからクリアーだけ塗ろうかな?

 

クリアーが乾いた後、導電塗料を塗るためにマスキングテープを貼っていきます。

f:id:smeagol14:20160428122440j:plain

 

 この作業はすごく好きです。ピックガードにアルミテープを貼るのは嫌いですが。 

f:id:smeagol14:20160428122921j:plain

 

 導電塗料を塗った後。ジャック部分はコントロールキャビティとつながる部分まで全部塗ります。各PUからコントロールキャビティにつながる部分もできるだけ塗ります。 

f:id:smeagol14:20160428125042j:plain

 

導電塗料は相変わらずSONICのSP-01 Water-Based Shielding Paintを使ってます。

www.soundhouse.co.jp

 

無臭で、筆を水で洗えるのでとても良いですよ。

 

次はフロントとリアのPUとコントロールキャビティをラグと配線材を使ってつなげていきます。この作業は重要です。

 

けっこう、10万円近いギターでもノイズ対策が中途半端だったりしますからね。中途半端にやるなら、やらない方がましです。

 

ほなほな。