読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

ZEMAITIS C22MF Meatl Front

はてなを開くと他の人のブログ記事が表示されるので、たまに面白そうな記事を読んでます。が、自分のことを”カリスマブロガー”とか書いちゃう人って凄いというか、何というか・・・。

 

というわけ?で、ZEMAITISのC22MFのレビューみたいなものを書いてみます。

 

昔々、トニー・ゼマイティスが作ったギターを触ったことがあります。彼が作ったギターは600本ほどあるみたいですね。その後、Grecoがからライセンスモデルが発売されたり、最近では神田商会が発売しているようです。

 

私が買ったモデルはネット上での評判は芳しくありません。老舗のすき焼き屋と牛丼屋を比較して牛丼屋を質が低いというのはどうもな~と個人的には思います。当り前じゃないかと。(笑) 割高に感じるというのは納得いきますけどね。

 

全体像。派手です。

f:id:smeagol14:20160514121956j:plain

 

ヘッド。安いモデルはZの文字が入っていて、正直ダサいと感じました。ヘッドの形自体は好きです。

f:id:smeagol14:20160514122006j:plain

 

ヘッド裏。ペグはマグナムロックのSG381 MG-Tに交換してあります。ペグに付属しているネジは細かったため、元々ついていたネジを使いました。GOTOHのペグはやはり素晴らしいです。

f:id:smeagol14:20160514122033j:plain

 

ポジションマークはアバロン貝っぽいものが使われています。指板はたぶん染められています。最初、日本製のモデルを買おうと思ったんですけど、そっちは指板が残念な感じだったので安い方を買いました。

f:id:smeagol14:20160514122015j:plain

 

ちなみにネックはトニー・ゼマイティス氏が作ったものより太いです。

 

特徴的なブリッジとテールピースはジュラルミン製のものが使われています。ブリッジは良いデザインですね。見た目だけでなく機能的に優れていると感じました。ミュートのしやすさが印象的で、ハードロックとかメタルをやるのに良いですね。

f:id:smeagol14:20160514122102j:plain

 

ノブも金属製です。このノブ、単体で売ってたら買いたいです。

f:id:smeagol14:20160514122116j:plain

 

ジャックプレートはアルミではありません。

f:id:smeagol14:20160514122200j:plain

 

ボディ裏。ネックとボディは安いギターでよく使われているナトーが使われています。ボディ裏のパネルはジャック部分と同様、アルミではありません。

f:id:smeagol14:20160514122226j:plain

 

トグルの裏。

f:id:smeagol14:20160514122416j:plain

 

コントロールキャビティ内。ちょっと安っぽい見た目ですね。

f:id:smeagol14:20160514122631j:plain

 

ノイズ対策は非常に適当な印象を受けます。

f:id:smeagol14:20160514122700j:plain

 

仕上げに関しては、塗装その他は問題なく、フレットの処理も丁寧でした。音については歪ませたときにノイズが気になるのと、抜けがちょっといまいちかな?

 

いずれ導電塗料を塗り直して、配線もやり直すので、その時にピックアップもDuncanのSH-2に交換しようかな~と、何とな~く考えています。

 

そうそう、このギター、トップのアルミ板を固定するネジを緩めると、音の響きやサステインが変わります。きっちり締めない方が好みの音になりました。

 

全体的には、割高な印象がやはりあります。16万出すならGibsonやDuesenbergを買った方が満足できるでしょう。せめて10万以下なら・・・

 

まぁ、見た目は一応、ZEMAITISなので、どうしてもこの見た目のギターが欲しいという人は買ってみてもいいでしょう。指板の色が許せるなら、日本製を強くお勧めします。最初からGOTOHのペグがついていますし、音色がまったく違います。

 

ほなほな。