読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

KORG Pitchblack Custom

楽器購入 機材レビュー

どういうわけか、チューナーはKORGのが好きです。TCのPolyTuneをよく勧められますが、勧められると買いたくなくなります。ひねくれ者です。

 

というわけで、またまたKORGのチューナーを買いました。Pitchblackは3台目ですかね。

f:id:smeagol14:20160515163212j:plain

 

箱。取説などはなしです。

f:id:smeagol14:20160515163224j:plain

 

付属の電池。ハイワットのやつですね。

f:id:smeagol14:20160515163236j:plain

 

DCコネクタは上にあります。横にあるのはDISPLAYとCALIBボタンです。

f:id:smeagol14:20160515163253j:plain

 

CALIBボタンは押すと0~9の数字が表示されて、下記のようになっています。

 

 0:440Hz、1:441Hz、2:442Hz、3:443Hz、4:444Hz、5:445Hz、

 6:436Hz、7:437Hz、8:438Hz、9:439Hz

 

432MHzが選べないのは残念です。

 

右側にはインプットジャック。

f:id:smeagol14:20160515163259j:plain

 

左側にはアウトプットジャックが。

f:id:smeagol14:20160515163307j:plain

 裏側。ゴム足は最初からついてます。ちょっと残念です。

f:id:smeagol14:20160515163318j:plain

 

バッテリーはここに入ります。

f:id:smeagol14:20160515163336j:plain

 

実際にどう動く(表示される)かは動画を見てください。


Korg Pitchblack Custom

 

私はメーターが上下に動くのに違和感を感じました。使っているうちに慣れるのでしょうが。

 

反応や精度は問題なし。7弦ギターや5弦ベースの一番下の弦も普通に合わせられます。

 

難点は値段・・・かなと思ったら、PolyTuneも同じくらいの値段でした。

 

チューナーは好きなのを買えばいい・・・というか、まずは音叉を使って合わせられるようになるべきです。バンド練習をするときは他の人と合わせるのも非常に大事。個人的には、チューナーは仕方なく使うもの、と考えています。

 

440MHzのAの音を覚えるのは難しくありませんし、コードを鳴らしたりして音のズレが認識できるようになれば、演奏技術も上達するんじゃないかな~と。

 

というわけで、私は音叉をお勧めします。

 

次回は黒いテレキャスターの続きか、けいおん!エフェクターのレビューを書く予定です。

 

ほなほな。