読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

ストラトみたいなテレ(3)

導電塗料を塗ったところで止まったこのギター。こないだ完成した黒いテレの塗装が予想外にうまくいったので、クリアーを重ね塗りしています。当然(?)、導電塗料も塗り直します。

f:id:smeagol14:20160622013144j:plain

 

何に時間がかかっているのかというと、それはピックアップ選び。YouTubeの動画を見ては悩んでいます。

 

同じく作業がストップしているStratcasterも同じ理由で止まっていたり。(^_^;)

 

既製品のピックアップ交換でも同じことが言えると思うんですけど、どんな音になるかは出してみなきゃわからないんですよね。セッティングでもまた変わりますし、アンプやシールドでも変わります。弾き方でも変わります。

 

どうせなら、今まで使ったことがないやつを・・・と調べると、面白そうなのがたくさんあって困ります。

 

Telecasterっぽいギターだと我が家にはこれと

f:id:smeagol14:20160503093843j:plain

 

これがあります。

f:id:smeagol14:20150419132357j:plain

 

さらにはこんなのも。

f:id:smeagol14:20150209093540j:plain

 

なので、2ピックアップはなし。また、Dimarzio Virtual Vintage '54 Proと似たような傾向のものやアクティブタイプも除外したいところです。

 

何か良い案はないかな〜と悶々としていたら、魔改造仲間というか魔改造兄弟というか魔改造神なfujico overdriveのリーダーさんのStratcasterのことを思い出しました。

 

ちょうどSSHな構成のギターは持ってません(全部SSかHHに変更)し、リップスティックも2つ余ってますから、後はブリッジ側に何を載せるかを決めるだけで済みます。

 

バランスと好みを考えると、DuncanのJB.JrかHot Railsを選んでコイルタップかパラレルも選べるようにすればいいか。

 

構成が決まったところでさっそく・・・ピックガードを作ってもらいます。

 

ほなほな。

 

次回は、前回ネタにしたFernandesにAir Nortonを載せた話になります。PAF Proだと思っていたピックアップは実は・・・