読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

アコギのペグ交換

急に現場を離れることになり、7月は給料はもらえるけどずっと休んで良いことになりました。健康診断に行ったり、サイクリングを楽しんだり、旅行に行ったりしたいと思います。

 

今回はIbanezのファンド・フレットエレアコ、AELFF10-NTのペグをマグナムロックに交換するお話。

f:id:smeagol14:20160701140259j:plain

 

元々、PRS SEに取り付けようと思って買いました。だがしかしで、PRS SEはテンション感がかなり弱く、ペグをロック式に変えることでもっと弱くなったら困る・・・というわけでAELFF10-NTにつけることにしました。

 

取り付けるペグはこんな感じ。裏側のダイヤルを回すことで弦がロックされます。スパーゼルみたいなもんですね。 

f:id:smeagol14:20160701141203j:plain

 

まず弦を外します。まだ張って間もないから弦は使いまわします。

f:id:smeagol14:20160701140640j:plain

 

11mmのレンチでブッシュを外します。

f:id:smeagol14:20160701140947j:plain

 

ネジを外してペグを外します。場合によってはネジ穴に瞬間接着剤を染み込ませます。

f:id:smeagol14:20160701141120j:plain

 

瞬間接着剤は盛るのではなく、ネジが触れる部分の強度を上げるために染み込ませます。ネジは元々ついていたものを使いまわし。付属のネジを使う場合はネジ穴を埋めて開け直すこともあります。

 

取り付けました。メーカーによっては弦を通す穴の太さが違っていたりしますね。今回は全部同じでした。

f:id:smeagol14:20160701141434j:plain

 

ブッシュを締めて取り付け完了。ギターによってはヘッドの厚みの問題で取り付けられないこともあるんだとか。ちなみにブッシュは10mmでした。

f:id:smeagol14:20160701142212j:plain

 

弦を張って作業おしまい。

f:id:smeagol14:20160701150030j:plain

 

弦をロックするときは、しっかりダイヤルを回したほうが良いです。チューニングしていて、音が上がらないときはロックが不十分になっています。また、特にアコギの場合は弦をきっちり引っ張った状態でロックさせましょう。

 

ペグを交換してしばらく弾いてみて、元々がテンション感のバランスが良いギターだからか、不自然さやテンションが弱くなった感じは一切しませんでした。

 

ロック式は弦交換が楽でいいですね~。

 

ほなほな。