読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

K-ON! YUI DRIVER K-YD1

前回に続いて、けいおん!公認エフェクターの紹介です。

 

今回は平沢唯モデルです。

f:id:smeagol14:20160713164002j:plain

 

箱はK-AD1と同じでシールが違ってます。 

f:id:smeagol14:20160713163947j:plain

 

中身は取説が違う程度なので省略します。

 

K-YD1はハムバッカー向けらしいので、持っていることを忘れかけていたPRS SEで試奏してみました。このギターのテンション感のなさ、チューニングの不安定さが気になるというか嫌というか・・・

f:id:smeagol14:20160713164318j:plain

 

K-YD1もK-AD1もONにするとロゴとギターの外周部分が光ります。

f:id:smeagol14:20160713164604j:plain

 

K-YD1は放課後ティータイムロゴコントロール(長いw)で中高域とゲインをコントロールできるようになってます。K-AD1で不満に感じたゲイン幅の狭さは解消されるのか?と期待が高まります。

 

鳴らしてみた感想は、、、ゲイン幅はK-AD1より広いです。driveを0にしてHTTをあげたセッティングは良いなと思いました。・・・が、driveをあげたときにブーミーというか、もっさりしているというか、歪み方が下品な印象を受けます。

 

アンプとギターはそのままにして、K-AD1をつないでみました。

f:id:smeagol14:20160713165250j:plain

 

歪み方の全体的な傾向?は同じ感じがするものの、K-AD1の方が歪み方にきめ細かさ、シャープさが感じられます。コードでも単音でも何を弾いているかはっきりわかります。

 

K-AD1は歪み系として、K-YD1はブースターとして使うのがいいのかなと感じました。どちらが好きかと聞かれたら、悩みます。(笑) やる音楽や用途によって使い分けることになるのかなと。

 

勢い?で買ってはみたものの、ボードに入れるかどうかは微妙ですね。そもそも、外でエレキギターを弾く機会自体ほとんどなくなってるんですが。(^^;

 

ほなほな。