Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー・シャルトル・ブルー

 PILOTのエラボーを買ったとき、プラチナとセーラーの金ペンも1本ずつ比較用に買ってみようと考えました。

 

そして、プラチナで選んだのは#3776 センチュリー・シャルトル・ブルーでした。 

f:id:smeagol14:20161002104152j:plain

 

まずは箱から。 

f:id:smeagol14:20161002103723j:plain

 

中身。PILOTのより質感は良いです。 

f:id:smeagol14:20161002103742j:plain

 

中身。底は一段になってます。

f:id:smeagol14:20161002103812j:plain

 

全景。

f:id:smeagol14:20161002103855j:plain

 

キャップを後ろに挿すとこんな感じ。

f:id:smeagol14:20161002103923j:plain

 

ペン先。今回はUEFを選びました。

f:id:smeagol14:20161002104220j:plain

 

中身。コンバーターは別売りでした。

f:id:smeagol14:20161002104300j:plain

 

光に当てるとスケルトンであることがわかります。とても綺麗です。

f:id:smeagol14:20161002104112j:plain

 

超極細というだけあって、字幅は細いです。エラボーのSEFよりやや細いというか、貧弱になった印象を受けます。書き味もUEFを選んでいる時点で万年筆らしさを求めてはいけないかと。針で書いているような感じ?

 

ファンの方には非常に申し訳ありませんが、私はこの万年筆はツールとして優れていても、つまらないと感じています。センチュリーに限らず、オリジナリティが感じられないものが多いんですよね。一応、毎日持ち歩いてはいても、出番はPILOTのコクーンの方が多いです。

 

 まぁ、私の好みに合わなかっただけなんでしょうけどね。

 

FかMあたりを試したいと思いつつ、それならシープかセルロイドにしようかな?と密かに物欲を滾らせています。

 

ほなほな。