Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

PERIKAN Souverän M600 Fountain Pen Black / Green EF

今日のネタはPELIKANのSouveränです。M400を買うつもりがM600を買いました。対応してくれた店員さんが可愛くてついつい・・・

 

f:id:smeagol14:20161005120106j:plain

 

同好の士が周りにいなかったこともあって、万年筆を使い始めて約30年が過ぎるまで(つまり今年まで)ペリカンの存在自体を知りませんでした。PARKERとMONTBLANC、WATERMAN、SENSAとLAMYしか知らないという偏りっぷり。

 

若い頃は収集癖もなく、少々悪く書けば虚栄心や自己顕示欲を満たす欲求もなく、ただ万年筆が好きだから使っていただけで、他にどんなブランドがあるか調べようと思わなかったんでしょう。たぶん。

 

今年に入っていろいろ買うようになったのは仲間ができたこと、SNSの恩恵などいろいろあります。一番は、自作をしてみたいからです。年内に数本、試しに作ってみたいと考えています。ペン芯やペン先もオリジナルでできればいいでしょうが、大量生産をするわけではないですから、既製品を使わざるをえないのかな~。

 

さて、例によって例のごとく箱からいきます。 

f:id:smeagol14:20161005115832j:plain

 

中身。紙製です。その分、中身にコストがかかっていると信じます。

f:id:smeagol14:20161005115842j:plain

 

中身。伊東屋で買うとクリーニング券ももらえます。

f:id:smeagol14:20161005115917j:plain

 

全景。一目でペリカンとわかり、それでいて奇抜さがありません。素晴らしいデザインだと思います。

f:id:smeagol14:20161005120034j:plain

 

キャップを後ろに挿したところ。キャップは回して外すタイプで、2回転くらいで外れるところにもこだわりが感じられます。

f:id:smeagol14:20161005120152j:plain

 

天冠にはペリカンのマークが。

f:id:smeagol14:20161005120106j:plain

 

クリップもペリカンの嘴を模しているのだとか。

f:id:smeagol14:20161005120125j:plain

 

ペン先。今回はEFを選びました。私のはちょっとインクの出が良すぎる印象があります。

f:id:smeagol14:20161005120220j:plain

 

裏側。

f:id:smeagol14:20161005120233j:plain

 

薄いフィン状のパーツが並んでます。このあたりもブランドの個性が出る部分です。

f:id:smeagol14:20161005120247j:plain

 

PELIKANの万年筆は吸入式で、胴軸がインク用のタンクみたいなもんです。洗浄が面倒そうで敬遠してる部分は正直ありました・・・が、書き味があまりにも滑らかで感動しました。さすがは定番とされるだけのことはあります。

 

ただ、M400からM600になるだけで6000円高くなるのはちょっとな~。

 

本格的な万年筆が欲しいという方は、1本は持っていていいと思います。純粋に道具として考えてコスパも追求するなら国産で十分でしょう。

 

ほなほな。