読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

PELIKAN Classic M205 Demonstrator Transparent Blue, Classic 200 Cognac

今回はPELIKANの安いモデルです。安いっていっても国産ならペン先が金のが買えてお釣りもくるんですが。(笑)

 

万年筆はいろいろ限定物が出ています。LAMYはsafariとAL-Starが毎年限定色を出してますし、他のメーカーもいろいろ出しています。今回ネタにするPELIKANの2本も限定らしいです。

 

まずはM205 Demonstrator Transparent Blueから。3桁の数字が0で終わると金属パーツが金色に、5で終わると銀色になります。個人的には銀色の方が好きです。

 

M600とは天冠が違います。こっちの方が好みです。

f:id:smeagol14:20161005120353j:plain

 

全景。透明軸はデザインでイメージが変わりますね。

f:id:smeagol14:20161005120328j:plain

 

キャップを後ろに挿したところ。

f:id:smeagol14:20161005120419j:plain

 

ペン先はステンレススチールです。M600同様、EFを選びましたが、M600より字幅は細いです。

f:id:smeagol14:20161005120440j:plain

 

続いてコニャック。 

f:id:smeagol14:20161005120616j:plain

 

色合いがとにかく良いです。おっさん向きだ!と感じて買いました。見た目だけなら、手持ちの中で一番好きかも。・・・日本橋丸善の店員さんが可愛かったのでClassic 205 Aquamarineの予約もしたのは内緒です。

 

天冠はM205と一緒。軸の色の影響か、いつもは敬遠する金色の金属パーツが嫌じゃありません。

f:id:smeagol14:20161005120631j:plain

 

M600との比較。ギター同様、私は軸の形に関してはある程度細ければ何でもいいみたいです。PELIKANならM800が限界かな。

f:id:smeagol14:20161005120718j:plain

 

どちらも書き味は素晴らしいです。保管用に買ったはずが、毎日使うようになったくらい素晴らしいペンです。

 

まぁ、万年筆は道具なので、ケースや箱の中に飾られるのではなく、インクを入れて使われるのが本来の姿でしょう。

 

ほなほな。