Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

MONTEVERDE Jewelria Candy Yellow

世界堂で見た目に惚れて買った1本。イタリアのデルタ社の米国総代理店が出している製品らしいです。てっきりイタリアのメーカーかと思いました。

f:id:smeagol14:20161008183244j:plain

 

箱。一応、1万円のペンなのでそれなりに豪華です。

f:id:smeagol14:20161008183202j:plain

 

中身。撮影技術が下手ですいません。

f:id:smeagol14:20161008183215j:plain

 

 箱の中身。

f:id:smeagol14:20161008183231j:plain

 

ペンの全景。半透明できれいです。アウロラとかデルタを買うのは躊躇する私にはちょうどいい・・・と最初は思ってました。最初は。

f:id:smeagol14:20161008183244j:plain

 

キャップの先にはMのマークが。

f:id:smeagol14:20161008183256j:plain

 

クリップはけっこう好みなデザインです。挟みやすいです。ちょっと金属パーツが安っぽく感じられるかもしれません。

f:id:smeagol14:20161008183305j:plain

 

キャップを後ろに挿すとけっこうな長さになります。

f:id:smeagol14:20161008183318j:plain

 

ペン先。文字幅はFしかないみたいです。

f:id:smeagol14:20161008183327j:plain

 

コンバーターは最初から付属していて、ネジ式で固定するようになっています。が、中のペン軸を固定するネジと接しているため、コンバーターを付けたり外したりすると中のネジが緩んで悲惨なことになります。

f:id:smeagol14:20161008183346j:plain

 

この万年筆は、修理は調整がきっちりできる職人が近くにいる方でないとお勧めはできません。正直、品質は低いです。ペン先の調整をしないと使い物になりません。

 

店頭で試し書きをするときはつけペンのようにせざるをえず、それでは欠点に気づけないんですね。カートリッジやコンバーターを挿して使わないと気づけません。

 

私は銀座の伊東屋で2回調整してもらったものの、書き始めと書き途中のかすれは直りませんでした。いきなりかすれるので非常に厄介でストレスがたまります。伊東屋では四角かったペンポイントを丸くしていただき、面取りも大修整してもらいました。四角いペンポイントって、初めて見ました。(笑)

 

インクはペリカンのエーデルシュタインのタンザナイトを入れていました。最近、お気に入りのインクです。もしかしたら他のインクなら大丈夫か?と思ってPILOTの色彩雫に変えてみたら・・・割と改善しました。かなりインクを選ぶペンなのかもしれません。

 

今まで買った中では残念ながら一番酷いペンと言わざるをえません。ダイソーの100番高いことを考えると余計に・・・

 

ほなほな。