読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Jinhao 500

文房具

ギターの世界に模造品があるなら、万年筆の世界にも・・・ありました。

 

なんと、4本セット、コンバーター付きで2500円ですよ。どんなものか知りたくて、ポチッと押してしまいました。

f:id:smeagol14:20161016150731j:plain

 

たぶん、ペリカンのコピーみたいなものでしょう。キャップにはjinhaoと入ってます。 

f:id:smeagol14:20161016150832j:plain

 

さすがにペリカンのマークはついてません。金属パーツもさすがに安っぽい感じがします。

f:id:smeagol14:20161016150748j:plain

 

軸は一見、綺麗には見えます。でも、深みがないんですよね。プリントの木の虎目みたいな感じ、と書けば分かる人には分かるはず。

f:id:smeagol14:20161016150854j:plain

 

首軸はラバーっぽい仕上げがされています。特に持ちやすいわけではないです。

f:id:smeagol14:20161016150932j:plain

 

ペン先はこんな感じ。バイカラー仕上げ?(笑)

f:id:smeagol14:20161016151018j:plain

 

コンバーターは2本は透明なものが、もう2本は画像のものがついてます。こちらの方がましです。

f:id:smeagol14:20161016151058j:plain

 

コンバーターについては色付きの方はプラチナやセーラーよりやや上の品質です。今のところ問題は起きていません。

 

首軸を受ける部分は金属。割としっかり作ってあります。

f:id:smeagol14:20161016151130j:plain

 

4本比べてみて、キャップの合いの精度は低いと感じました。あと、けっこう重い部類に入ります。軽い万年筆しか知らない方は抵抗感を感じるでしょう。

 

文字幅は国産のFくらいで、下手な舶来品よりよっぽど滑らかに書けます。FiorentinaやMonteverdeよりJinhaoの方が遥かに使えると断言しておきます。

 

重いことは悪くはありません。筆圧をかけなくても、ペンの重みだけで字が書けますし。また、本家と違って嵌合式なので、より気軽に使えます。

 

パチモン呼ばわりするのは自由。でも、それぞれができる範囲で、好きな形で楽しめばいいと思うんですよ。それが趣味ってもんでしょ?

 

高級メーカーの使わない万年筆をずらっと並べて自慢するのも自由、安価なものを大事に長年使うのも自由です。変に偉ぶったり、上下関係を作ろうとしたり、価値観を押し付けようとする輩がいるから、万年筆の世界にしろ、音楽の世界にしろ、どんな趣味の世界にしろ、なかなか裾野が広がらないのではないかと私は思います。

 

ほなほな。