Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

プラチナ万年筆 #3776 センチュリー・ブルゴーニュ

 新宿の伊勢丹の中にも万年筆売り場があると聞いて、さっそく行ってきました。庶民お断りな雰囲気がプンプンしてました。(笑)

 

メンズと本館両方に万年筆売り場があって、本館の方は国産も扱ってました。その日は私の誕生日ということで、ついつい1本・・・ 

f:id:smeagol14:20161023104820j:plain

 

先日、ギター仲間であり万年筆仲間でもあるT氏とお会いしたとき、T氏のセンチュリーが素晴らしかったんです。もしかして自分はハズレを引いたのか?という思いがあったのと、ショーケース内のブルゴーニュの美しさにやられた感じでしょうか。

 

シャルトルブルー同様、ブルゴーニュも絶妙な透け具合です。

f:id:smeagol14:20161023104522j:plain

 

全景。この万年筆も金属パーツがゴールドでも気になりません。

f:id:smeagol14:20161023104425j:plain

 

キャップを後ろに挿したところ。

f:id:smeagol14:20161023104553j:plain

 

キャップ部分。キャップリングはやや大きめに感じられます。ま、好みの問題ですね。

f:id:smeagol14:20161023104607j:plain

 

ペン先は大きめ。文字幅はEFを選びました。店頭でFと比べたら、Fはかなり太いというか、インクの滲みが酷かったので・・・

f:id:smeagol14:20161023104625j:plain

 

ペン先の裏。

f:id:smeagol14:20161023104641j:plain

 

 家に帰ってコンバーターでインクを吸入して書いてみたら・・・どうやら今回もハズレでした。インクの出が渋すぎて、文字幅がUEFと変わらないんです。インクの色もかなり薄く感じられました。

 

メーカーに修理に出す手も考えたものの、パイロット製品がどれも無調整で問題なく使えることを思うと躊躇します。そして、例によって例のごとく銀座の伊東屋に行きました。

 

どちらもペン先の寄りを弱めた結果・・・細字を書くには最高の万年筆になりました。他の万年筆の出番がなくなりそうです。

 

プラチナの万年筆をお使いで、文字幅が細すぎるとか、書き味がいまいちとか、インクの出が渋いと感じている方がいたら、ぜひペンクリニックなどで調整してもらうことをお勧めします。別物になりますよ。

 

ほなほな。