Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Schneider iD Black/Chrome Fountain Pen

神戸のペンショーで大賑わいのhelico以外のブースを見て回っていたら、なんとシュナイダーのブースを発見。

 

さっそく眺めていたら、スタッフの方に声をかけられて、Baseの白を持っているんですよ~と伝えたら・・・

 

「もしかしてブログで・・・」

 

まさかの展開に驚いたというか、嬉しくて踊りだしそうになったというか、ネット上で公開する以上、変なことは書けないなと改めて肝に銘じた次第です。はい。

 

ブログ見てますと言われて何も買わないのは流儀に反するので、iDという万年筆とシュナイダーのコンバーターを2本買いました。布教用にもっと買っておけばよかったです。

 

iDの全景。キャップの大きさとクリップのデザインの独特さが目立ちます。

f:id:smeagol14:20170130092132j:plain

 

ちなみにペン先はEF、お値段は3000円くらいでした。

 

胴軸は透けてます。こういった部分のセンスは日本の企業にも見習ってもらいたいものです。

f:id:smeagol14:20170130092141j:plain

 

キャップ。大きさの割に重くありません。クリップは湾曲していて服の胸ポケットに入れるときはともかく、ペンケースにしまうときは苦労するかも。

f:id:smeagol14:20170130092200j:plain

 

キャップを後ろに挿したところ。バランスが悪そうだとか、重心が後ろにきすぎるんじゃないかと思いますよね? これがなかなか絶妙なんですよ。持ってみれば実用性も重視されていることがわかります。

f:id:smeagol14:20170130092221j:plain

 

ペン先はBaseと同じでした。今回は調整は不要で、とても滑らかで快適な書き心地です。もしかしたら調整してあるのかもしれません。

f:id:smeagol14:20170130092303j:plain

 

神戸への旅で手に入れたデルタのインシエーメという万年筆はダイヤモンドの仲谷先生の調整が施されてましたし、関西で買ったもののハズレの少なさは、見えない企業努力にあるのかもしれませんね。

 

先端恐怖症な方、ごめんなさい。(笑) シュナイダーの首軸の断面がわかる写真を載せておきます。ちゃんと左利き用のモデルも用意されているところが凄いです。

f:id:smeagol14:20170130092327j:plain

 

分解したところ。カートリッジは黒がついてました。

f:id:smeagol14:20170130092401j:plain

 

Baseは胴軸に首軸をつけるときにセンターでカチッと止まるようになっていますが、iDはセンターがないのでそういった仕組みはありません。が、キャップの脱着が気持ちいいです。コストを落とせるところは落として、蔑ろにしてはいけない部分は蔑ろにしないことがシュナイダーの特徴なんですかね。

 

販売していたスタッフの方がブログの読者だったということは抜きにして、注目していきたいブランドです。今年はラミーよりシュナイダー推しでいきます。

 

ほなほな。