読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

Pelikan Souverän M400 ”細字研ぎ出し” 特別調整

文房具

これは良いです。

 

「吸入式ならパイロットのカスタムヘリテイジ92があるし、安いし、品質も安定しているからペリカンはいいや」と公言してきたくせに、またペリカンを買ってしまいました。M600とコニャックで満足したはずなのに。(笑)

 

というわけで、ペリカンのスーベレーンM400です。

f:id:smeagol14:20170204145619j:plain

 

キャップを後ろに挿したところ。

f:id:smeagol14:20170204145734j:plain

 

緑縞のM600を買って以来、青縞にすれば良かったと密かに後悔していて、今回は迷わず青縞にしました。美しいですね~。

f:id:smeagol14:20170204145700j:plain

 

ペン先はEFにしました。

f:id:smeagol14:20170204145749j:plain

 

このペンは神戸のPen and message.さんの新企画”細字研ぎ出し” 特別調整万年筆 スーベレーン M400でして、ペリカンでも細字が書けます。

 

↓”細字研ぎ出し” 特別調整万年筆 スーベレーン M400のリンク。

www.p-n-m.net

 

一時間かかって研ぎ出されたペン先

f:id:smeagol14:20170204145835j:plain

 

このM400は気持ちよく細字が書けます。細字が書けるよう研ぎ出されていることもありますが、お店のポリシーとして「力を入れなくても書くことができる」ことと「ペン先を紙に置くとインクが出る」ことを重視されていることが大きいでしょう。

 

買ったときに調整していただいたディプロマットとシュナイダーも私の弱い筆圧でもすらすら書けるようになりましたし。極細派な方は神戸に行くべきです。

 

研ぎ出さなくても”ある程度”は細くできます。私のM600パイロットの長谷川先生の調整でけっこう細い字が書けるようになりました。でも、M400ほどは細く書けません。

 

もし同じ調整をしていただけるなら、M800も買いたくなります。もし買うならボルドーになりますかね。

 

ほなほな。