Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

SHEAFFER TARGA 1003 Matte Black F

今回のネタはシェーファーのタルガです。万年筆仲間にタルガ狂な方がいて、有名な割に中古の価格は手頃なので買ってみた次第です。

 

集めたくなるほどのものなのかと思ったら、種類が膨大にあるんですね。

 

http://www.sheaffertarga.com/fountainpenlist.htm

 

一覧を見ていたら、1036、1038、1080、1081、1099、1182、1183、1185、1186が欲しくなりました。キングダムノートやヤフオクで出会わないことを祈ります。(笑)

 

全景。このタルガはキングダムノートにあったタルガの中から試筆してみて選びました。

f:id:smeagol14:20170219151343j:plain

 

クリップのホワイトドットがいいです。

f:id:smeagol14:20170219151409j:plain

 

装飾も最小限で好みに合ってます。

f:id:smeagol14:20170219151417j:plain

 

キャップを後ろに挿したところ。キャップを後ろに挿すときはすす~っとはまる感じで何となく高級感を感じます。

f:id:smeagol14:20170219151438j:plain

 

独特なインレイニブ。尖端恐怖症な方にはきついみたいです。私のは何故か首軸の部分が緩みがちで、瞬間接着剤で応急処置をしてあります。筆で接着剤を塗って乾かしてからはめただけですが。

f:id:smeagol14:20170219151458j:plain

 

ちなみに、瞬間接着剤は薄く塗ること、模型用のチゼルで微調整することがコツです。下手するとはまらなくなったり、壊れたりする恐れがあるのでご注意ください。

 

ニブの裏側。

f:id:smeagol14:20170219151515j:plain

 

ペン先を横から見たところ。少し上に反ってるのがわかります。

f:id:smeagol14:20170219151523j:plain

 

首軸を外すと中にはコンバーターが。欧米のコンバーターはきっちりインクを吸入できて気持ちいいです。国産のはなんで揃っていまいちなのやら。

f:id:smeagol14:20170219151548j:plain

 

字幅は国産並に細く、書き味は・・・素晴らしいです。筆圧をかけなくてもすらすら書けます。今まで100本以上買ってきた中で、感動するほどの書き味を感じるのはこれとモンブランの144くらいです。店で試筆して、すぐ買うことを決めました。他のタルガはいたって普通だったので、これは当たりなのかもしれません。あるいは、どこかで調整されているのか。

 

金属軸なので重さも絶妙で、軽い万年筆が嫌な方にもおすすめできます。最近買った中では一番好きなペンです。

 

シェーファーフェラーリのオフィシャルライセンスプロダクトの万年筆を何本か買ってみて、実は中国で作られていることを知ったり、品質がいまいちだったりで良いイメージがありませんでした。でも、昔は素晴らしい製品を作っていたんですね。ギターに例えると、S.Yairiみたいなものでしょうか。

 

古い万年筆を探し求める人の気持ちがわかるような気がします。

 

ほなほな。