Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

またまた大阪に行ってきた

仲間から「難波の丸善で宍倉ペンドクターのペンクリニックがありますよ」と教わったので、またまた大阪に行ってきました。

 

金曜日、仕事が終わってから品川に向かい、のぞみで新大阪へ。そこから難波に向かい、まずはホテルにチェックインしました。

 

今回、利用したのはビジネスイン千日前という宿です。見た目はともかく部屋はとても綺麗で快適でした。

f:id:smeagol14:20170226122727p:plain

 

軽く酒でも飲むかと道頓堀のあたりを徘徊してみたら、関西弁と・・・中国語のサラウンド状態でした。中国人だらけなのは東京と同じなんだなと親近感を感じつつ、たこ焼きと酒を買って、部屋飲みをしたのでした。

 

翌日、まじめ?に7時に起きて、適当に朝食が食べられるところを探しながら丸善に向かいました。去年の11月に行ったペレペンナと同じ建物の中にありました。

 

というか、朝から居酒屋がオープンしていて、飲んでいる人たちがいるのはけっこう衝撃的でした。(笑)

 

なんでペンクリニックのために、わざわざ新幹線に乗って大阪に行ったのかというと、helicoのシュクルを診てもらおうと思ったからなんです。宍倉さんはhelico製品のファンらしいので、安心できそうだなと。

 

こないだのペンショーで購入したシュクルはこんな状態。

f:id:smeagol14:20170221142515j:plain

 

ファンの人には申し訳ないけれど、私はこれをペンとは呼びたくない。インクフローが悪いどころの話ではなく、不良品でしょう。500円とか1000円の万年筆、中国製の爆安な万年筆でも最初からここまで酷い状態のはありませんよ。

 

ちなみに、ロゴ入りのペン先のものを買われた方がいれば、今後、厄介なことになる可能性があります。道具として使いたい方は、インクは粘度が低いものを必ず選びましょう。また、どこかに修理を出すときは、オーバーホールを理解して実践できる方に頼みましょう。

 

営業妨害!? 誹謗中傷!?とか思う方にヒントを出しておきますね。

 

f:id:smeagol14:20170226131912j:plain

毛細管現象

 

万年筆に限らず、高い買い物をするときは、しっかりチェックしましょう。信頼して買い物ができるお店を探しましょう。アフターサポートも本当に大事です。何万円も払って、嫌な思いをしたくないならね。

 

話は脱線しましたが、シュクルは結局、宍倉さんの手で直してもらいました。気がついたら直ってた感じ?

f:id:smeagol14:20170226115814j:plain

 

続いて、 エルバンのまったく出ない万年筆も診てもらいました。

f:id:smeagol14:20170226115849j:plain

 

こちらは結局、入れたインクが古すぎるのが主な原因でした。新品で買っても、安心はできないようです。うーむ。

 

ペンクリニックはあっさりと終わり、次はペレペンナへ。店員さんは前回とは違う方で、今回の店員さんもとても素敵な方でした。

 

今回はデルタのイルジオーネを買いました。ちなみに難波店にはインシエーメその他、まだ残っていました。私はインベルノを見つけて衝動買いしそうになったものの、字幅が太すぎるのであきらめました。

f:id:smeagol14:20170226120348j:plain

 

その後、仲間達と別れて私は聖地、小野万年筆へ。私は小野さんに完全に忘れられてました。(爆)

 

通販で大西製作所の万年筆を買った仲間のことは覚えてらしたのに。(号泣)

 

今回、神に診ていただいたのはマイスターシュテックの#12。オーバーホールをお願いしました。

f:id:smeagol14:20170226115923j:plain

 

18金のニブが何とも言えない書き味を生み出します。

f:id:smeagol14:20170226115944j:plain

 

50年以上前のものらしく、状態が素晴らしく良いと言いながら、小野さんは#12を完全に分解しました。あまりのスピードと作業内容が衝撃的すぎて、写真を撮り忘れました。分解後、今後使っていく上で注意すべきことを丁寧に教えていただき、オーバーホールは終わりました。インクの吸入はスムーズになりましたし、書き味も向上して大満足でした。

 

続いて診ていただいたのはモンブランの221。私とほぼ同い年のものです。

f:id:smeagol14:20170226120125j:plain

 

いろいろ調べたところ、材質が脆いみたいでクラックが入るのがデフォみたいです。私のもクリップの両サイドと首軸にクラックが入っていて、小野さんでも完全に直すのは難しいとのことでした。

 

せっかく小野万年筆に来たのと、今回の旅でまだ1本しか買っていなかったので、大西製作所のガーネット?という万年筆を買いました。コンバーター付きで14000円でした。

f:id:smeagol14:20170226120214j:plain

 

小野さんに調整していただく前の状態で試筆をしてみて、確信しました。大西製作所は、出荷時にきっちり調整をしています。今回は私の好みに合わせるまでもなく、そのまま持ち帰れる状態でした。

 

作りもしっかりしてますし、デザインは地味でも、おすすめできる万年筆です。

f:id:smeagol14:20170226120240j:plain

 

小野万年筆を出た(今回もわざわざ店の外まで見送ってくださいました)後は、お土産を買ってそのまま帰りました。今回は買い物に関してはおとなしいというか、何というか。まぁ、これだけ揃えば買う必要はないと、一応自覚はしています。はい。

 

帰りはまたまたのぞみのグリーン車で、今回は富士山を見ることができました。

f:id:smeagol14:20170225172803j:plain

 

気がつけばもう3月、3月といえば確定申告・・・なので、まずは確定申告を最優先でいきます。

 

ほなほな。