読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought of the Day

本業はSE、趣味は万年筆集め、模型作り、ギター改造なおっさんのブログです。

無線ルーターを買い替えてみた

PC関連(ハードウェア)

親から動画を観ているときによく止まるからどうにかせい!と言われ、忠継大王を買っても効果がいまいちな気がしたため、WiFiルーターを新調することにしました。

 

我が家は光回線を引いていて、自宅の2階にルーターの親機を置き、そこにWindowsのデスクトップを2台、ファイルサーバーを1台、Mac miniPS4WiFiのアクセスポイントをつないでいます。

 

今まで使っていたWiFiのAPはこれ。親機と同じメーカーにしていました。

121ware.com

 

ちょっと話は逸れますが、TEPCOひかりだった頃は感動するくらい速かったんですよね~。それが今や・・・orz

 

今回、新しく買ったのはこれ。ELECOMのWRC-2533GHBK-Iという製品です。先日、大阪に行った帰りに上野のヨドバシカメラに行った際に店員さんに勧められました。

f:id:smeagol14:20170314094213j:plain

 

www2.elecom.co.jp

 

LANケーブルその他、一通り揃っています。ルーターとしてもアクセスポイントとしても使えます。

 

設置手順は下記の通り。

  1. 本体裏側のモードスイッチをAPに切り替える。
  2. ノートパソコンとルーターを有線でつなぐ。
  3. ノートパソコン側のIPアドレスを「192.168.2.xxx」に変更する。
    ※xxxのところは適当な数値に。
  4. ノートパソコン側で適当なWebブラウザを起動して「http://192.168.2.1」と入力して開く。
  5. 設定画面が開いたことを確認。
  6. 左側のメニューで「無線設定」「2.4GHz」「基本設定」と選択してSSID名」を変えたければ変える。
  7. 左側のメニューで「無線設定」「2.4GHz」「暗号化設定」と選択して暗号化の設定を行う。パスキーの変更は必須
  8. 5GHzの方も同様に設定する。
  9. 左側のメニューの「LAN設定」を選択して自宅のネットワークにつながるようIPアドレスサブネットマスクデフォルトゲートウェイを設定する。デフォルトゲートウェイルーターIPアドレスを入れる。
  10. 左側のメニューの「システム設定」「パスワード設定」と選択して、「新ユーザ名」を”admin”以外にして、パスワードも好きなものに変える。
  11. 設定を保存後、再起動させる。
  12. 親機となるルーターWiFiルーターを有線でつなげる。
  13. スマホなどでつながるかどうか確認する。

 

10でユーザー名をadmin以外にするのは、昔からよくやる手です。某社にいた頃はサーバーを構築した後に必ずadministratorを消して他に管理ユーザーを作ってました。その方がハッキングされにくくなりますのでね。おすすめです。

 

この手法を昔、新人サーバー管理者に教えたら「そんなことは教わってない」だの「非常識だ」などとえらく憤慨されたものですが、非常識ってねぇ・・・(笑)

 

交換した結果は・・・10倍以上速くなりました。元が遅すぎたのかもしれませんが、中継器なしでも問題なくつながります。

 

面白かったのは、手持ちのiPadで設定した後、iPhoneで設定しようとしたらパスワードなしでつながったこと。iOS端末だと設定が共有されるみたいです。Apple ID単位ですが。(Macは別みたい)

 

ほなほな。